スリランカ その1

2016年末から気になりだした
「スパイス」
「スリランカ」

行く、行かない。
私だけ。
二人で?
飛行機と暑さが苦手なカミさんは死ぬ覚悟で。
(相当悩んでた)

そんなやりとりを夫婦で1年近く交わした結果
2017/12/2
成田出発日(快晴)

事前のeチケット発券、カミさんの分忘れて
チェックインカウンターで時間食う。

コロンボ、バンダラナイケ国際空港まで9時間半のフライトだって。
席は狭い。
カミさんはこれからの長旅、飛行機酔い諸々の不安を先取りして
ブルー状態。
緊張で身体ガチガチ。
手冷え冷え。

れーこさんとも合流して
その後vanamスリランカツアーの参加者お二人とも搭乗口で合流。

全く旅慣れない私たち夫婦にしてみれば心強い旅のお供。
すっかり周りに助けられて少し笑顔も出る。ほんの少しだけど。

「緊張してもいい」
「具合悪くなってもいい」
「車酔いしてもいい」

空港で、今回お世話になるシャンティランカアーユルヴェーダセンターの
しょうこさんと、一年の半分をスリランカで過ごすあきこさんと合流。

私たちの不安を汲み取ってくれた(これ投影ね)ようで
お二人とも笑顔で到着をねぎらってくれた。

飛行機で連れてきてもらっただけなのに、自分の手柄のような達成感を感じている。
あー着いたよ。来ちゃったよ。

まずは地に足がついてほっとします。

27535092_1676229929135557_908538102_o.jpg



れーこさん達vanamツアーのメンバーとガイドのあきこさんは
これから更に4時間かけてツアー目的地へ移動だって!
タフ!ハード!
お互い「また後で」と声を掛け合って一旦のお別れ。


私たちはこれからお迎えの車に乗って
センターのあるマウントラヴィニアへ1時間ちょっとの移動。



つづく





yan



























スポンサーサイト

ゴールデンウイークかえりました

ゴールデンウイーク前半
真夜中のハイウェ〜ィで帰省してきました。

赤城高原SAで、ここ数年我が家定番のお土産カリマンを買って。

新潟の実家は連日の雨でちょっと寒すぎ。
それでも、何年何十年とそこに根をはって
生きている緑はしっかり彩度を放って鮮やか。

近所の川は水草を揺らしながら粘度を持ったような流れ。

DSC06397_s.jpg



ここで生活してた時は
雪が消えるこの春を待って待って待っていたなぁ
まあその雪が恵みのひとつなんだけれども、当時は全く
ありがたくもなかったです。冷たいし。



それにしても地酒が美味い。





そうだ出雲へいこう

旧暦の神在月
出雲
行ってまいりました。


izmo_00.jpg


  
  初めて見る ツワブキの花
  izmo_01.jpg




izmo_02.jpg


izmo_03.jpg


izmo_04.jpg


  古代出雲大社の本殿柱が建っていた跡地に原寸大の印
  izmo_05.jpg



izmo_06.jpg



古事記や日本書紀にも登場する稲佐の浜
自然と氣が高まる
izmo_07.jpg



izmo_08.jpg



izmo_10_2.jpg


須佐之男命がお祀りされている須佐神社
izmo_11.jpg


須佐神社を参拝した方々にふるまわれた、地元の方の心こもる手作り 滋味あふれる
izmo_13.jpg



izmo_14.jpg


地表近くで実をつけるたくましい南天(だと思う)
izmo_15.jpg


   空港にはあのしまねっこさんもいます
   izmo_16.jpg





梅雨明け 奥秩父三峯神社へ

海の日三連休
久しぶりの三峯神社へ
太陽寺での山yoga以来四年ぶり
(あの時は太陽寺からの山越えトレッキングで入山)


物流が動く前に動き出す
早朝行動時My座右の銘に従い
前乗りしていた川越からいざ出発。

空は適度に雲がかっていて暑すぎず車移動には理想的。


緑深く靄がかかった川沿いの道
車の窓を開けてその場所の空気を感じる

鼻が曲がりそうな肥料くさいトンネル
急いで車の窓閉め

信号待ちで車にまとわりついてくるスズメバチ達(怖いわ!)
急いで車の窓閉め
アナフィラキシー!アナフィラキシー!と呪文唱える



三峯神社の駐車場に8時前に着き
空を仰ぎ見ると、雲が大きな掌のようだった。
仏様の手か。
※諸事情により撮影できず



いろいろ拾いながら境内を歩く。
んー
気のせいか意外と高いところからの言葉ではない気がする。
フレンドリーというか、淡々というか・・・・




mitsu01.jpg



mitsu03.jpg




赤白緑青!贅沢!
mitsu04.jpg




メタリックな木肌
mitsu05.jpg





mitsu06.jpg


風が流れてくる先には奥宮
皆その奥宮に意識を合わせて・・・
mitsu07.jpg
この風がなんともたまらない柔らかい温度の心地よさ





いろいろな計らいで来ることができました。
ありがとうございました。







帰路、車を停めてダムを臨みながら身体を動かす。
しごきを与えているわけではなく、自発的に動かしている。
mitsu08.jpg




yan





のぼりはじめの武蔵御嶽山

一昨年11月に登って以来遠のいていた山登り。
久しぶりに二回目の奥多摩御嶽山へ。

朝日が顔を出し始めました。
ロープウェイが動き出す前にゆらゆら登り始めます。


mitake0110_2.jpg


mitake0110_0.jpg




様々樹々
mitake0110_5.jpg

mitake0110_6.jpg


触れるとふんわり暖かい苔
mitake0110_1.jpg


mitake0110_3.jpg



御嶽山神社入口の手水場
足元は清らかな水で凍っています。
mitake0110_4.jpg


色かぶりなし
mitake0110_7.jpg





いつもはここから
下山して
軽くお昼食べて
立ち寄り湯浸かって
お土産買って
速やかに家へ帰ります。



今日は一泊。
一日はまだまだ終わりません。


立ち寄り湯浸かって
澤乃井の酒蔵寄って
御岳蒟蒻買って
宿に向かいます。

立ち寄り湯とは別の、奥多摩の温泉旅館。
急いで帰らなくていいなんて贅沢ですね〜。


翌日はのんびり多摩川源流を味わって
味わいつくしました。

御嶽山
ありがとうございました。

皆さん
楽しい時間と
たっぷりの浄化と
そして毒と笑いをありがとうございました。












プロフィール

yan

Author:yan
yan

yoga
ホリスティックヘルス
JMET公認 EFTプラクティショナー



mail : yans.son0408@gmail.com

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR